企業の人材採用活動の役に立つ採用管理システムには、様々な役割があります。特にどのような人材を募集すれば良いのか、必要とする人材像を明確にする役割は役に立ちます。これは採用した人材が思うような活躍をしてくれないという声が多く聞かれる中で、根本的にどんな人材を求めれば良いのかを分析によって定めることができるシステムとなります。そのためには採用した人材のその後の活動内容を記録し、分析することが必要です。そこで人事考課と連携してあらゆるデータを集め、どのようなスキルや性格を持った人材がどんな成果を生み出しているかを分析することになります。そこから導き出した要素を元にして、次の募集に反映させるわけです。これを繰り返すことで理想とする人材像を明確にすることができます。

採用業務の中の課題を明確にすること

人材採用業務には様々な業務がつきまといます。大きな企業であるほどに、その内容は煩雑になってきます。それを補助するのが採用管理システムです。また選考業務がスムーズに進まなければ、せっかく応募してきた有能な人材が外部に流出することにもなります。かといって人選を急ぐことで必要とする人材を的確に確保できなければ意味がありません。どのように正確に必要な人材をフィルタリングするかが重要と言えますが、そのための補助をなるのが管理システムです。必要とするスキルや性格、志望動機などフィルタリングの要素をどう設定するかによって、的確に必要な人材を確保できます。まずはその要素の設定をできる限り的確に行うかが重要な課題と言えます。そのためには管理システムをどのように活用するかが大事です。

管理システムを有効に活用するポイントとは

人材確保のための採用管理システムは、様々な情報を管理したり分析できます。その機能も多くありますが、どのように活用するかがポイントです。まず応募者のデータ管理と選考の進捗状況を採用担当者同士で共有することが大事です。どの部署にどの応募者を割り当てれば良いのか、その調整も必要です。管理システムを効果的に利用すれば、このような複雑な割り振りも簡単に行うことができます。そして大事なことは、これまでの採用した人材の活動内容を分析したデータをどのように利用するかです。面談で人材を選別する際の質問内容を定めるためにも活用できます。例えば応募者の価値観をどのように引き出せば良いのか、その質問を設定することに役立ちます。他にも潜在能力やこれからの取り組みといったものをどのように引き出すのかを考えるために役立てることができます。