会社拡大を実現するためには、社員数を増やす他、方法はないでしょう。つまり、採用管理に注意を払い、優秀な人材を確保することで会社拡大に繋げることができ、大きな仕事に備えることができます。これが実現すれば、大きな仕事を請け負えるようになるだけでなく、売上額(利益額)も大きくなります。その分人件費が大きくなってしまいますが、それをカバーする額が会社に入ってくるようになるでしょう。
採用すべき人は、ただ学歴が高いだけではダメなので、よく人を見るようにしなければなりません。仕事をする上でのコミュニケーション能力が備わっているのか、会社の理念と共通するものがあるか、成長する見込みがあるか、会社に貢献し、社会にも貢献できるかどうかを判断することが大切です。

理想とする人が集まるように採用ページを用意する

会社が理想とする人を集めるためには、その人が興味を持つようなコンテンツをホームページの採用ページに用意しなければなりません。採用管理する上で、入口部分となる採用ページは重要になるので、コンテンツだけでなく、見せ方や写真(画像)、募集要項などを充実させると良いでしょう。
このとき、どういう人を募集しているのかを必ず明記しておく必要があります。また、事前に必要としている能力が備わっていることを条件にするのであれば、何を学び、どんなことをしてきたのか、その基準も記載しておくと良いでしょう。条件を満たしていれば応募し、満たしていなければ応募してくることはないです。この採用ページで振り分けすることができるので、『誰でも良い』という曖昧な条件で応募を期待しないことが大切です。

面接を通してコミュニケーション能力を判断する

採用管理する上で、面接は欠かせないステップとなります。応募者と直接話すことができ、どういう人間なのかを知る機会です。どれだけ賢かったとしても、コミュニケーションを取ることができなければ、会社で働く、チームで取り組むことが困難なので、時間や回数をかけてチェックしましょう。
コミュニケーション能力は、ただ会話をするだけでなく、求めることを回答してくれるか、回答するまでの時間が短いが長いかなど、判断すべきポイントはたくさんあります。だから、仕事内容を考え、どんなポイントをチェックすべきなのかを、あらかじめリストアップしておくと良いでしょう。一緒に働きたい、会社のためになると判断することが重要であり、そのためのコミュニケーション能力が備わっていることを確認するようにしなければなりません。